三姉妹。たまに、わたし。

小学1年生、年中さん、3歳児の三姉妹との日々を記録。

ゆーたん2歳。強者。

f:id:margarethime:20200330175218j:image

ゆーたんのお気に入りの指輪。

このむっちりとしたおて手が、たまりません♪

 

 

 

ゆーたんは、つわものである。

三女とは、そういうものなのか。。。

 

朝起きると、手を洗って顔を洗う。

いつの間にか1人でできるようになっていた。

洗顔後、

ゆ「おかぁしゃ~ん!!!!」と呼ばれ

私「はいはい、分かりましたよ~~」

 

霧状になった化粧水をしゅっしゅっとつける。

ゆ「ん〜ん、いいきもちぃ〜〜(*^_^*)」

ゆーたん、ご満悦である。

これが日課となっている。

ほぼ水の化粧水に、アロマの香りを加えている。私がやっていることは、なんでも真似するのね。

 

先日に引き続き、さーたんにおむつ替えを頼むと、もう飽きたらしく返答がない。

 

すると、嬉しそうに、

「あーたんがやるよ~~」

 

あ「ゆーた~ん♪あーたんがオムツ替えてあげるね~♡」

ゆ「やーだーよー(*‘∀‘)」

 

 

逃げ回っている・・・

 

 

あーたんは、ゆーたんが、ゴロンしやすいように、クッションを持ってきたり、

ゆーたんの大好きなシールを持ってきたり、コキンちゃんを持ってきたり、

あの手この手で、嬉しそうに、ゆーたんを呼んでいる。

 

 

が、全然こない。。。

 

 

ゆーたん、聞こえないふりしてる、、、

 

 

それを横目でみていたさーたんが、

「ゆーたん♪さーたんが替えてあげよっか??」

 

 

たったかたかたか。。。。ゴロンのポーズ!!

 

 

あーたんギャン泣き( ;∀;)

 

 

さ「じゃあ、さーたんがお尻ふくから、あーたんが、オムツ履かせてね。」

あ「うん!!!!」

 

 

やはりボスである。

あーたんがとっても不憫に感じた(´;ω;`)

 

 

さーたんが、お絵描きに夢中になっていると、

ゆーたんは、さーたんの宝物である着せ替えシールBOXを持ってくる。

さーたんに気付かれないように、私の背中で遊んでいる。

万が一、気付かれても、お母さんに守ってもらおうという魂胆である。

 

 

さーたんのお友達と公園で遊ぶ時も、ゆーたんは自分が2歳であることを忘れている。ジャングルジムは、てっぺんまで登るし、追いかけっこだって、だるまさんが転んだだって参加。

まぁ、お姉さんお兄さんは、手加減してくれているのだけど。

私が、ちょっとさーたんとお話していたら、

ゆーたんが1人でブランコに乗っている。

 

?????

 

さすがに、一人では乗れないよね?

 

近くにいたあーたんに聞くと、

「あの子のママに、乗せてってお願いしたんだよ。」

おお!!初対面の知らない子のママに、自分でお願いしたんだね。

人見知り、、、全くない。良いのか悪いのか。

 

 

 

おにごっこ。

子供たちがおにごっこを始めたので、ゆーたんと遊びながら横目でみていた。

まず、足のつま先くっつけて、

「鬼決め、鬼決め、だれが鬼になるかな?」

鬼は10秒数えて、仲間を捕まえに行く。

 

鬼が、タッチしようとすると、「バリア!!」といって、胸の前で手を交差。

すると、鬼を交換してもらえない。

しかも、バリアは無限に使える。

さらに、鬼がタッチした後に「バリア!!」をいう子が多数。

鬼「え??タッチしたのに??」

でも、鬼以外の仲間の絆が固く、

タッチしたのに、バリアしたから大丈夫!!の雰囲気。

 

これは、たまらんわ( ゚Д゚)

 

要するに、1度鬼になったら、抜けられない。

しかも、完全に敵視されていて、なんだか遊びっていうか、なんというか。。。

 

オニゴッコ。。。怖い。。。

 

この話を幼稚園ママにしたら、幼稚園では、鬼役が決まっているらしい。

たまには息子に代わりなさい!!っていうんだけど、「その子が鬼って決まってる。」とのこと。

なんだか、なんだか、なんだかな、、、、、、

このモヤっとした気持ちはなんなんだろう。。。

 

実際に見たわけでも、鬼役の子に話を聞いたわけでも、ないんだけど、

なんだか、とっても寂しい気持ちになった1日でありました。