三姉妹。たまに、わたし。

小学1年生、年中さん、3歳児の三姉妹との日々を記録。

三姉妹。じぃじとばぁば。

f:id:margarethime:20200321134222j:image

さーたん画伯。いま、壁に絵を貼るのがブームである。妹ズに、剥がされないように高い所に貼っている。どうやって貼ったんだろ?

f:id:margarethime:20200321134342j:image

あーたん画伯。姉の真似をし、壁に絵を貼った。

毎日、何かチョコチョコ書いてる。なんだろ??

 

 

子供にも、好みがある。

合うあわないがある。

好き嫌いがある。

私と同じ好みとは限らない。

 

結論から言いますと、三姉妹は、私の父母がちょっぴり苦手のようです(´;ω;`)

 

けっこう、厳しいというか、声が大きいというか、愛想がないというか。

思い当たることは沢山あるけれど、

明らかに義父母が来たときと、対応が違う。

 

義母さんが月に1度くらい。三姉妹の誰かをお泊りさせてくれます。

母が週に1度くらい。三姉妹の誰かを公園に連れて行ってくれます。

 

ついさっき、母が来たのですが。。。

母の姿を見つけたゆーたん。

なんと!リビングの扉をバターンと閉め、背中を押し付け、

開かないようにしてる!!

「やだやだやだやだ。。。」と泣いてるし。

そりゃないよ、ゆーたん( ゚Д゚)

さーたんとあーたんは、特に気にする様子もなく。。。

 

母に、ゆーたんの行動を気付かれたくないのに、すぐに気付かれてしまい、

「ゆーたん、またそれやるの??」

「ばぁば、どこにも連れて行かないから、大丈夫だよ~~」とちょっと寂しそう。

少し時間がたつと、普通に、「ばぁば~っ」と行くのに、

毎回、母が来るたび、扉を閉めたり、泣いて逃げ回ったり、テーブルの下に隠れたり。

なんだか私が切ない気持ちに。。。"(-""-)"

 

父は、三姉妹の声を聞きたくて、2日に1度くらい電話をかけてくるけれど、

三姉妹は、全然興味を示さず。電話に出ない。

私もちょっぴり面倒くさいなと思っていた。

が、先月、父が体調不良で救急車で運ばれ、手術、入院。

病院へ行くと、かなり衰弱してる。

もしかするともしかする。。。と、ちょっと不安な日々を過ごしていた。

私が、お見舞いに行ったりしていたので、

さーたんが、「じぃじ、しんじゃうの?」と聞いてきた。

「大丈夫だよ。でもね、じいじはお爺ちゃんだから、これから優しくしてあげようね。」

「うん!分かった!!」

 

それから、無事に父は退院し、たまに家へやって来る。

あーたんと、ゆーたんは、相変わらずあんまり話しかけたりしない。

でも、退院してから、さーたんが変わった。

「じぃじ、今日ね、チューリップがきれいに咲いたよ!」

「じぃじ、このパン、とっても美味しいから、また買ってきてね。」

「じぃじ、さーたんね、この前ばんがって(がんばって)トマト食べたんだよ。」

一生懸命、一生懸命、話題を探して話しかけている!!(>_<)

しかも、ちょっぴり愛想笑いとかしてる!!

 

さーたん、ありがとう。

本当にありがとう(o^―^o)

じぃじもきっと嬉しいよ。

 

なんか、今、突然思い出したけれど、

私が、ゆーたん、あーたんのお世話でいっぱいいっぱいの時、

時々、母にさーたんの通園バスのお迎えを頼んだ。

母が、バス停で待っているのをみつけた、さーたん。

バスの中で、泣き叫び、先生にしがみつき、バスから降りてこなかった。らしい。

それを見た母が、

「もう!!なんで泣くのよ!!お迎え、もう来ないから!!」と

怒り狂った。らしい。

そしたら、ますます降りてこなくなって大変だった。らしい。。。

大泣きしながら帰宅したさーたん。

ばぁばもムッツリ怒っている。。。

なだめるの、大変だったな。。。

 

次の日、ママ友がその時の様子を事細かに教えてくれて。。。

ばあばがキレて大人げないって言われちゃったよ。。。

けっこう悲惨な状況だったらしいね。(´;ω;`)

 

とにもかくにも。

さーたんの成長が著しいと感じる今日この頃なのでした(*‘∀‘)